by

アイフルは総量規制対象外になる?

アイフルでは、普通に借り入れをする時借り入れをする本人の年収に対して3分の1までしか借り入れをする事が出来ない総量規制対象外となっています。

この規制は賃金業法で定められており純度100%の消費者金融という証明となっており他社は銀行の傘下に入っていますが、アイフルは銀行の傘下に入っておらず独立系の消費者金融なのです。

なぜ年収の3分の1までしか借りられなくなったのかというと、昔は借り入れもかなりでき金額も膨らんでしまい返済ができなくなり返済が不可能となってしまって最後は自己破産となってしまったことから規制がかかるようになりました。

この総量規制の金額は合計金額となりますのでアイフルから借り入れをする場合は、他社から借り入れをしている場合は引かれた金額しか借り入れをする事ができませんので、新たに借り入れをする時は計算をしておくと良いです。

総量規制があるならアイフルから借りないで銀行から借りた方がいいと思う人もいると思いますが、銀行は審査にも時間がかかり即日にお金を必要な場合は困りますよね。

しかしアイフルでも総量規制外でお金を借りることができるのです。

個人向けのカードローンでは事業資金としては借りることはできないのですが、個人事業主さんの場合は所得の3分の1以上の金額でも借り入れが可能なので総量規制対象外となります。

一般の人が総量規制対象外で借りる方法としては、おまとめローンや借り換えローンの場合だけ総量規制対象外で借りることができます。

これは返済のためのローンとなるための商品なので、新たに借り入れをする事はできませんがアイフルだからこそできる活用方法です。

アイフルの商品として、事業サポートや借り換えMax、おまとめMaxがありそれぞれ金利や限度額もことなりますので、自分にあった使途で利用することをお勧めします。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.